七福神と旅がらす


単身赴任生活の手なぐさみに綴る関西人のブログ。 群馬県でブログを始め、埼玉,東京を経て、現在、大阪府摂津市在住。
by 7fuqjin
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

キンダイマグロ

大阪グランフロントという巨大な吹き抜けのあるビルの中にある
近畿大学水産研究所という名の食事処でキンダイマグロを食べさせてくれる。
噂には聞いていたが、こんなに新鮮で美味しいとは思わなかった。
マグロ以外にマダイ、かんぱち、しまあじ などのお刺身もあり、
魚の近大卒業証書が添えられていて「あなたは 近畿大学の水産養殖課程を
優秀な成績で卒業され お客様にご満足いただけるよう 立派に成長したことを
ここに証します。」と書かれている。
ここのところ、近大の名が知れ、偏差値も上昇しているとか。

ゲンダイも キンダイマグロ これ如何に
e0231660_08501235.jpg
 
e0231660_08493788.jpg


# by 7FUQJIN | 2017-12-28 09:01 | 食す

抵当権抹消登記

銀行から「抵当権抹消登記関係書類」というものが送付されてきたことで、
自宅の29年ローンが完済したことを知った。
めでたいことであるが、この書類が何でどうしたらよいのかがわからない。
半年ほどそのままにしていたが、放っておくわけにもいかないので、
ネットで調べ、法務局に訊けばよいことがわかり、電話をすると、
相談窓口があるとのことで、予約して訪ねた。
ベテラン相談員の言うとおりに、申請書類を作成すること、約15分。
住所変更も併せて収入印紙4000円を購入して貼付して申請が完了した。
司法書士に依頼すると、印紙込みで20000円程度かかるのに、
意外に簡単にできた。
昔だと、こうはいかなかったと思うが、昨今のお役所は国民に寄り添ってもらえ、
親切になったのがありがたい。

法務局 門出て、肩は 風を切り
e0231660_7333613.jpg
# by 7FUQJIN | 2017-12-16 07:30 | 暮す

珈琲を淹れる

コーヒーを入れる?淹れる?煎れる?点てる?というコラムを見た。
「煎じる」のでもなく、「点てる(茶せんでかき回す)」わけでもないので、
ドリップの場合は「淹れる」が近いようである。
北海道の人はよく「コーヒーでも落そうか?」と訊いてくることがある。
これもドリップには適してそうな表現である。
コーヒーにはこだわりがあり、ミルは喫茶店で使う小型のものを使っている。
淹れ方も半量を濃いめに抽出して、倍に湯で割ることで
雑味がなくすっきりとした味わいになる。
しかしながら、さすがに焙煎までは手が出ないと思っていたが、
会社の同僚で40万円以上ものガス式焙煎機を自宅に購入し、
日夜、焙煎に励んでいる男がいる。
もらった豆の中でも【マンデリン】というインドネシアのスマトラ島で
生産されている高級銘柄が最も旨いと感じた。
マンデリン族がコーヒーを栽培し始めたのでこの名前がついている。
酸味が控えめで、深いコクとほろ苦さのバランスが絶妙でほのかに甘みがある。
焙煎人は「まだまだ改善の余地がある」と高みをめざしているが、十分に美味しい。
焙煎したての豆はドリップで大きく膨らむ。これも淹れるときの醍醐味といえる。
感謝の限りである。

小春日の テラスに満る ドリップ香

e0231660_07513138.jpg



# by 7FUQJIN | 2017-11-23 08:16 | 食す

日光東照宮

日光東照宮の平成の大修理を終えた国宝「陽明門」を訪ねた。
過去2回とも修復中でシートに覆われていたが、
今回は見ることができるというので、大阪から夜行バスで群馬の
山の会に参加した。新幹線を乗り継ぐのに比べ、夜行バスは
宿泊の必要がないため費用も1/3で済む、時間も節約できる。
初めての利用だったが、3列シートでリクライニングできるので
それほど、苦にならないと感じた。今後も使えそうである。
半月山の頂上からの眺めは本来、雄大な男体山や中禅寺湖に
飛び出た八丁出島、戦場ヶ原のの紅葉が楽しめるはずだったが、
生憎の小雨模様ですべて霧の中であった。お目当ての「陽明門」は
美しく荘厳姿にな生まれ変わっていた。

難波(なには)から バスを使こおて 紅葉狩り
e0231660_21335560.jpg


# by 7FUQJIN | 2017-10-16 21:28 | 登る

転居

9月半ばに大阪摂津市へ単身のまま転居を終えた。
滋賀の自宅には少し距離があるため、プチ単身赴任にした。
毎週末は帰ることができる。10年ぶりの大阪梅田周辺は大きく
様変わりしており、9階建の阪急百貨店は41階の高層ビルになり、
中之島には2棟の高層フェスティバルタワーができている。
今後も外資系の高層ホテルが次々と計画されていると聞く。
当面は、この都会で働くことになる。
一方、キタの飲み屋街は大きく変わっていないようなので、
これから、なつかしの店を覘いてみようと思う。

地価高く 横より上に 伸びるのか
e0231660_7305234.jpg

# by 7FUQJIN | 2017-09-29 18:31 | 暮す

転機

人生の転機が思いのほか早くやって来た。
東京に来て1年と6か月。大阪への転勤が決まった。
お盆は転居先の家探し、引っ越し手配、等々で大忙しだったが、
ようやく、ひと段落して、今は連日のの送別会、壮行会。
心残りもあるが、新天地でまた、頑張りたい。

忙しく できることにも 感謝して

e0231660_21184594.jpg
# by 7FUQJIN | 2017-08-31 21:19 | 暮す

オーソライズドジェネリック(AG)

綿棒で無茶に耳掃除をしたせいで、耳穴が塞がるほどのひどい外耳炎になり、
出張先の米子で耳鼻科へ行き薬をもらった。そこでは抗菌剤の『クラビット』を処方する
と言われたが、薬局では『レボフロキサシン』を出され、確認すると処方箋にも、
そう書いてあった。ジェネリックは好まないことを話すと。
これは『オーソライズドジェネリック〈許諾を受けたジェネリック医薬品〉』
(Authorized Generic)とよばれるもので、包装と名前が違うだけで、
同じ製薬会社が造っており、錠剤そのものも全く同じとのこと。
安価なジェネリックに逃げる患者対策として、メジャーの製薬会社が知恵を絞り、
同じ薬をジェネリックとして販売しているという。
ひと昔はゾロゾロ薬と呼ばれていた後発医薬品、今後はAGを選びたい。

先発も ゾロに負けじと AGを出し 
e0231660_7494324.jpg
# by 7FUQJIN | 2017-08-05 07:51 | 患う

梅干しの土用干し

6月に初挑戦した梅干し造り、ようやく土用干しを迎えた。
朝から夕方までザルで干して表面を乾燥させ、
3日目は朝から翌朝まで干して朝露に当てる。
こうすることで、味が凝縮し、カビ防止になるという。
6月15日から40日を経て、最後の仕上げとなった。
LLサイズの梅の実も随分と小さくなり、少し残念な気もするが
味も上出来、来年はもう少し多めに作ろうと思う。

手をかけた 梅干し旨し 土用入り
e0231660_86487.jpg
# by 7FUQJIN | 2017-07-26 08:06 | 食す

梅雨明け

ついに、関東の梅雨が明けた!といっても東京はとっくに明けているかのようであったので、
それほどの待ち遠しさはなかった。それより、もう少し、菜園に雨の恵みが欲しかったくらいである。
それにしても、日中の気温は高く、熱中症予防も必要と思う。
セミナーを聞いてわかったのが、脱水症状になった時に水を飲んだだけだと、
血中の電解質(Na、Cl、K等のイオン)濃度が薄まるので、それを脳が危険と判断し、補給した水分を
体外に尿として排出するということである。そのため補給水は電解質を含んだ経口補水液が有効となる。
とはいっても高価なものは必要なく1Lの水に砂糖40g、食塩3gを溶かしたもので十分らしい。
常備しておきたい。
語呂合わせは「始終佐藤(40gの砂糖)さんは山椒(3gの塩)を食べる」

いい汗を かいたらすぐに 塩なをめ
e0231660_6334241.jpg
# by 7FUQJIN | 2017-07-21 12:56 | 暮す

眼鏡新調

最近、いつもの眼鏡ではコピー機の操作も液晶パネルが見えなくなり、
都度、老眼鏡にかけ直していた。かれこれ、眼鏡を購入して7年は経っており、
ちょっと眼鏡屋を覘いてみることにした。価格は当時と同じ5千円。
二本目からは10%引きとのこと。
眼科にもなさそうな最新の機器で検査してもらうと、乱視と老眼が進み、
今の眼鏡は合っていないことが判明した。
レンズを合わしてもらうと、別世界が開けたようで、結局、
遠近、遠専用、近専用と3本購入した。5千円で『新調』できるものを、
よく今まで我慢して使っていたものだと、悔いた。
さて、「新調する」とは、身につけるもの、特に衣類で
「オーダーメイド」について使うのが本来の用法とのこと。
眼鏡も身につけるもので、且つ、オーダーメイドなので誤用ではなさそうである。

紫陽花は 眼鏡替え 色鮮やかに
e0231660_2046929.jpg 
# by 7FUQJIN | 2017-06-25 20:50 | 暮す

梅干し

らっきょうやタクアン漬けは経験があるが梅干しはまだやったことがない。
塩分が苦手てと思っていたら、減塩でほんのり甘い梅干しで、
また、傷まないで日持ちする作り方があると聞き、レシピを頂いたので初挑戦した。
とりあえず、今年は1キロではじめることにした。
はたして、うまくいくだろうか?
売り場で、らっきょうも見かけたため、それも1キロ購入。
土付きは大変なので、今回は洗いらっきょうにした。
共に美味しくなってくれることを願う。

梅漬けて 独り住まいに 芳(かぐわ)しさ
e0231660_7195097.jpge0231660_720712.jpg
# by 7FUQJIN | 2017-06-16 07:20 | 暮す

長瀞

稲城市の地元との交流会で荒川上流部の渓谷、長瀞へ出かけた。
3回目の訪問だが、新緑の季節は初めてである。
好天の下、乗船し、ライン下りを楽しんだ。
雨が少ないとのことで、浅瀬では船底を擦ったが、
船頭の巧みな棹捌きで快適な新緑の長瀞を満喫できた。
この「長瀞(ながとろ)』は釣用語で川面が穏やかな場所を
「トロ場」と呼ぶことに起因しているとか。
昼食は定番の鮎に舌鼓。

船頭は 天に掉さし トロ場行き

e0231660_723923.jpg     e0231660_731662.jpg
# by 7FUQJIN | 2017-05-24 07:03 | 旅す

横須賀めぐり

この連休に一人で横須賀軍港めぐりと猿島ツアーに参加できた。
というのは、直前に思い立ち、キャンセル待ちで実現した。
腰痛のため、登山を断念した結果である。
横須賀では空母ロナルドレーガンと満艦飾(まんかんしょく)の自衛隊保有の
イージス艦を観ることができた。
これは軍艦が祝祭日・記念日・式典等に際して祝意を表すために、
艦首からマストを通して艦尾までの旗線に信号旗などの旗を連ねて掲揚して
飾ることである。イージス艦は白い八角形の板状のレーダーが四方に貼り付いているので判る。
一枚に四千個のレーダーが埋め込んであり、500キロ先の200を超える目標を追尾して、
その中の10個以上の目標を同時攻撃する能力を持つという。
空母もイージス艦も出番がないことを祈りたい。
猿島というのは東京湾に浮かぶ無人島で明治初期に造られた
フランス積みレンガ造りのトンネルや日本軍の砲台跡がいくつも見られる。
夏には海水浴客でもっと賑わうらしい。

連休を 独りで過ごす リフレッシュ 
e0231660_21114477.jpge0231660_2118126.jpg
# by 7FUQJIN | 2017-05-09 21:21 | 旅す

花魁(おいらん)道中

昨日は山の会から山登りのないイベントで新潟の弥彦神社参拝と
併せて、「第75回分水おいらん道中」を見物して来た。
日本一長い川「信濃川」の洪水で、越後平野一帯は何度も大水害に見舞われていたが
明治42年に本格的な大河津分水工事が始まり、22年の歳月と延べ1千万人の人力により、
約10kmの大河津分水路が完成したという。大河津分水はまさに越後平野の守り神となった。
その大河津分水を舞台に繰り広げられる「分水おいらん道中」は県内外の応募者の中から選ばれた
「信濃」「桜」「分水」の3名の「おいらん役」が絢爛豪華な衣裳に身を包み、高さ15cmもの
三枚歯黒塗りの高下駄を履き、独特の外八文字の歩き方で練り歩く。
快晴の下、満開の桜をバックに勇壮なお祭りを楽しむことができた。

魁も 今昔あり 歴史あり
e0231660_20475719.jpge0231660_20481467.jpg
# by 7FUQJIN | 2017-04-17 20:51 | 愛でる

梨の花

稲城市は今、梨の花が真っ盛りだ。
花言葉は純白で清らか、何にも染まらずに広く愛情を
分け与えるという意味で「愛情」「博愛」。
まるで雪が積もったように見えることから中国では
「梨雪(リセツ)」と呼び日本でいう桜のように
人々から愛されるという。


綿雪と 見まごうばかり 梨の花

e0231660_21185874.jpg
# by 7FUQJIN | 2017-04-13 21:20 | 愛でる

オペラ

昨夜は東京オペラシティーコンサートホールで
『オーケストラ・アンサンブル金沢』の東京公演を
聴く機会となった。たまたま、いただいたチケットではあるが、
一昨年の群響の『第九』以来のオペラ鑑賞である。
さほど大きくないホールだけに、その臨場感を楽しめた。
評価できるほどの感性はないが、モーツァルトのレクイエムの
クライマックスのソリストのかけあいは心を震わせるものがある。
非日常を味わう、ひと時となった。

生ける者 誰にも聞けぬ レクイエム(鎮魂歌)
e0231660_20211048.jpg
# by 7FUQJIN | 2017-03-23 20:21 | 暮す

鋸山

この日曜日、所属の山の会から房総半島の西岸に切り立つ海抜329mの鋸山へ行った。
もっとも、ロープウェイも使う、お手軽登山である。
4分のロープウェイは関八州、駿豆二州をも見下ろせて
山頂も360°大パノラマが広がる。好天ではあったが、
春霞に阻まれ、富士山は望めなかった。
鋸山(のこぎり)の見どころは、かつて家屋や土蔵の塀、壁、
門柱などの建築石材として盛んに利用された房州石の切り出し場である。
セメントや大谷石にとって代わるまで続いていた。
日本寺の境内が採石場になっており、切り取ったその壁面を利用して
高さ数十メートルの百尺観音像や大仏像が彫刻され、また、
自然石を利用した千五百羅漢などの無数の石像があちこちに彫られていた。

春風が 石工の苦労 ねぎらいて
e0231660_21112073.jpge0231660_21114636.jpg
# by 7FUQJIN | 2017-03-21 07:20 | 登る

雛飾り

孫娘の雛飾りを買い求めた。娘は関東へ嫁いだので
雛飾りの雄雛が向かって左側に座っている。
我が家にある約30年前の雛飾りは左上座の
京雛飾りであるため、雄雛が逆に座る。
当時、サイズもコンパクトなものしたつもりだったが、
購入したものはその四分の一以下のサイズで透明なケース入り。
また、雄雛も雌雛も飾りも固定されているようだ。
出し入れの天候や湿度は気にしなくてよさそうである。
時代の流れを感じずにはいられない。

雛選ぶ 母娘に入る 余地はナシ 
e0231660_7282455.jpge0231660_1946527.jpg
# by 7FUQJIN | 2017-03-03 07:29 | 暮す

切腹最中

江戸城松之大廊下で、旗本の吉良上野介を斬りつけたために
切腹させられた播磨赤穂藩藩主の浅野内匠頭に代わり、
家臣の大石内蔵助以下47人が吉良を討ったという話は
「忠臣蔵」として有名である。
切腹した田村右京太夫屋敷は東京都港区にあったとされ,
今は和菓子屋が建っている。
先日、この付近に社屋を構える取引先から
切腹最中(せっぷくもなか)なるものをいただいた。
箱のふたを開けてびっくり。口を開いてたっぷりの餡を
覗かせ、その中には白い餅が入っている。
人気の商品らしい。食べ応えのある逸品だ、

元禄の 刃傷沙汰で ひと儲け
e0231660_8202279.jpg


# by 7FUQJIN | 2017-02-24 08:20 | 食す

新年会

先週末は今年最後の新年会があった。
群馬の山の会の顔合わせで、高齢者が多いが皆元気である。
会場を見渡すと7割くらいが女性であり、
元気な65歳越えの山ガール?。
東京住まいとなり、昨年は9回の山歩き案内の内、
3回の参加となったが、今年はもう少し増やしたい。
新年会では会長のあいさつで、20数年続いたこの会も
来年の平成30年で終わりにするとのこと。
残りの山登りイベントを大切にしたい。
第二の故郷である群馬訪問が減ることが寂しい。

空っ風 吹く中にある 人情味

e0231660_6275716.jpge0231660_6282090.jpg
# by 7FUQJIN | 2017-02-21 06:29 | 飲る

高砂や

先週の日曜日に第七回高砂浜風駅伝が兵庫県高砂市で開催された。
今回は腰痛のため職場の引率者として参加した。
これで2年のブランクが空いたことになり、
不甲斐なく思うが、仲間の健闘を称えたい。
開会式では謡曲の『高砂』が披露された。
最近はないが、かつては結婚式ではおめでたい曲として
よく披露されていた。
まさに播磨の国、高砂の浦を謡っているとは全く知らなかった。

”高砂や この浦舟に 帆を上げて
この浦舟に帆を上げて
月もろともに 出汐(いでしお)の
波の淡路の島影や 遠く鳴尾の沖過ぎて
はやすみのえに 着きにけり
はやすみのえに 着きにけり”

高砂や めでたいことも 中くらい
e0231660_734652.jpg
# by 7FUQJIN | 2017-02-17 07:04 | 走る

節分

節分は季節が変わる前日で年四回あるが一般に
節分といえば2月3日で、“豆まき”や“恵方巻き”を食べる日、
大阪の北新地ではお水汲みの日。
『立春』の前日のみを云うようになっているが、
その昔は冬から春になるのを1年の始まりと考えており、
『大晦日』のように「明日から新しい年」というような特別な日と捉えられていた。
今年も北新地のお水汲みには出かけ、振る舞い酒で身体を温めた。
尤も熱燗ではなく、スコッチウイスキーのお湯割りだった。
自宅で食した、焼いた鰯には大根おろしと醤油が実によく合った。
6年前の節分にに始めたブログも、更新が減ったが、なんとか続けたい。

細々と 始めたブログ まだ6年
e0231660_21162758.jpge0231660_21164654.jpg
# by 7FUQJIN | 2017-02-05 21:17 | 暮す

新年会

恒例の病院の新年会が群馬県前橋で開かれた。
アトラクションではアコーデオン同好会による高齢者7名の演奏を一時間楽しんだ。
この音色はハーモニカと共通する、何か郷愁を誘うものがある。
楽器の説明を聞くと、右手の手鍵盤は41個、左手の和音伴奏用のベースボタンは
120個が標準とのことで、重量は20キロ近くあり、価格は100万円を超えるらしい。
見ることができないベースボタンをまったくの手さぐりで演奏している姿を見て、
感心するとともに、生甲斐にできる趣味は大切なものだと感じる

アコデオン 昭和の空気 皆で吸い
e0231660_16125535.jpg
# by 7FUQJIN | 2017-01-29 16:13 | 飲る

流感

1月10日火曜は朝は年始の挨拶の応対で忙しい中、
前日夜からの喉の痛みが酷くなっていた。
何となく身体がだるく、定時で帰り、病院で検査を受けると、なんとインフルエンざA型という。
そういえば一昨年の正月も年末に罹り、埼玉で独りで過ごした。
今年も予防注射を受けていたにも関わらずである。
その昔はインフルエンザのことを流感、流行性感冒と言っていたことを思い出す。
今回は発熱も37.8度程度で、新薬のおかげで翌日には平熱に戻った。
薬は最新のものでイナビル吸引粉末剤だった。大人は2本服用で1回服用で終わり。
従来のタミフルやリレンザのように5日も飲まずに済むのは助かるが、やや高い。
症状ははすぐによくなったが、感染リスクはあるため、発症から5日館は出勤できない。
金曜日までの来客はすべてキャンセルして、お詫びのメールをした。
尤も、元気なので2日目からは、会社パソコンへリモートアクセスと電話で仕事を始めた。
初めての在宅勤務気分を味わった。とはいうものの、サーバー上のデータした扱えないので
昨日と今日の土日はフル出勤でリカバリーした。
ダメージは最小に抑えることができたのは、薬とITの進歩のおかげである。

流感も 新薬できて 怖くない
e0231660_2224437.jpg
# by 7FUQJIN | 2017-01-15 22:11 | 患う

初走り

今年の元旦は二人の孫に囲まれた賑やか(うるさい?)な正月となった。
日の上る前に目覚めたので五時半にジョギングスタイルに着替え、
ヘッドランプを付け、地元の寺への初詣に一走り。
お参りして、初めて今年は数えで還暦になることを知った。
その上に、前厄と貼りだしてあった。あまり気にしてもと思うが、
いつもより少し多めの賽銭を投じ、無病息災と家内安全を祈った。

息白き 闇走り抜け  立木山
e0231660_655339.jpge0231660_71471.jpg
# by 7FUQJIN | 2017-01-02 19:39

脱クリぼっち

10年を超える単身赴任のため、クリスマスを自宅で
過ごすことはなく、料理をメールの写真で見るだけだったが、
今年は早めに仕事を切り上げて帰ることができた。
孫2人が家族に増え、皆で夕食を囲んだ。
もっとも、10月生まれの孫は寝たままであるが。
メニューは定番のローストチキン。
じっくりとタレに漬け込んだ鶏ももの骨付き肉は
ジューシーでビールに合う。
今日は孫のイタズラをディフェンスしながら、
年賀状のアテナ印刷を予定している。

来年も 脱クリぼっち 目指したい
e0231660_6425131.jpge0231660_6431746.jpg
# by 7FUQJIN | 2016-12-25 06:46 | 暮す

海鞘

海鞘(ほや)を何年かぶりに口にした。群馬に住んでいた時は
新潟から仕入れる魚屋で、夏に丸ごとよく買っていた。
先日、ハコフグが酒盗や海鼠腸に似ていると記したが、
これも、その類である。
ランプの火屋(ほや)に形がが似ているところからホヤいう。
ホヤ貝とも呼ばれるので、てっきり、貝の仲間と思っていたが、
実は無脊椎動物ではなく、尾索動物という脊椎動物
に近いグループに属していることを知った。
自分で料理する時はモズクのような内臓も一緒にポン酢で
食べていたので、店で上品に出されると少し物足りないが、
久しぶりの味に酒がすすんだ。

酒の友 海鼠腸(このわた)酒盗(しゅとう) 海鞘(ほや)海鼠(なまこ)

e0231660_7214025.jpg
# by 7FUQJIN | 2016-12-21 07:39 | 食す

箱河豚

長崎の五島地方の漁師料理に「ハコフグ(箱河豚)の味噌詰め焼き」というものがある。
ここ10年でメディアにも取り上げられ、有名になっているときいたが、知らなかった。
先日、稲城市の料理屋で始めて出されたのだが、トラフグとは違い、
正面から見ると四角い顔をしている。
腹部を丸く切り取り、腸を取り出し、内臓に味噌と酒を混ぜて、蓋をして丸焼きにしたもので、
酒盗(しゅとう)のような、海鼠腸(このわた)のような感じで、酒飲みには堪らない品である。
ただ、フグ調理師免許を持っている人しか市場で買うことはできないらしく、
パリトキシンという毒を蓄積していることがあるというから、要注意である。
店の主人が言うには滅多に手に入らないらしく、食べられたのは運がよいようだ。

酒飲みは 旨いものには 命がけ
e0231660_1493039.jpge0231660_1493982.jpg
# by 7FUQJIN | 2016-12-18 14:10 | 飲る

手作りカレー

ガラムマサラ、ガーリック、クミン、コリアンダー、
チリペッパー、オレガノ、カイエンペッパー。
種々のスパイスを買い込んだ。
基本は玉ねぎと牛ミンチをよく炒め、
ココナッツミルクベースにコマト缶とスパイスを入れながら、
チリペッパーで辛さを調整。なかなか、上手くいかないが、
漸く、食べられるようになってきたものの、
駅前のカレー店の様にはならない。プロはプロである。
さらに試行錯誤して、モノにしたいと考えている。
趣味がまた、拡がりそうである。


冬ざれや スパイス香る 独り飯

e0231660_20282364.jpg
# by 7FUQJIN | 2016-12-14 20:29 | 食す

華燭の典

府中市にある大國魂神社は、武蔵の国の守り神として
大國魂大神(おおくにたまのおおかみ)をお祀りした神社である。
境内が平安時代の武蔵国の国府跡にあたる。
1900年の 歴史があり、古くより武蔵国の守り神として
祀られた神社で、大神は福神または縁結び の神として知られている。
本日、ここで執り行われた結婚式披露宴に出席した。
仲人は勿論いないが、入場も結婚行進曲ではなく、映像を駆使した
演出で新郎新婦の人となりを楽しませていただけた。
披露宴も様変わりしていることを実感。

国府でも 華燭の典は フレンチに
e0231660_2026857.jpg
# by 7FUQJIN | 2016-11-27 20:26 | 食す
カテゴリ
全体
暮す
旅す
食す
飲る
走る
登る
耕す
浸る
愛でる
読む
詠む
患う
関西には無いもの
飼う
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
フォロー中のブログ
白髪の旅ガラス
最新のトラックバック
検索
最新の記事
キンダイマグロ
at 2017-12-28 09:01
抵当権抹消登記
at 2017-12-16 07:30
珈琲を淹れる
at 2017-11-23 08:16
日光東照宮
at 2017-10-16 21:28
転居
at 2017-09-29 18:31
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
50代
画像一覧
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項